希望小売価格¥91,000(税別)

真空管式ドライバー・ユニットのエントリーに当たるのがSRM-006tSです。上位機のSRM-007tAにも用いられる高耐圧双三極管6FQ7/6CG7を出力段に2本搭載。入力段はバランス入力をそのまま初段のローノイズFETへ直結するため、音楽信号の純度を損ないません。大容量の電解コンデンサーにより実現した高速でリップルが少ないDC電源は回路の安定した動作を保証。入力から出力までカップリングコンデンサーを使用しない全段直結AクラスDCアンプ回路や、カスタムメイドの2軸4連ボリューム、3系統の入力セレクターも上位機より継承。真空管式ならではのスルーレートの高い再現や心地よい響きはそのままに、中低域にリッチな再現力を湛えています。ハイスピードかつシャープな再現を得意とする半導体方式に比べ、良質な音楽の持つ艶や温かさ、味わいのある音質を好まれる方に試して頂きたい一台です。

Specification

●周波数特性:DC~80kHz/+0, -3dB (SR-407×1台使用時)
●高調波歪率:0.01%以下/1kHz 100V r.m.s. (SR-407×1台使用時)
●増幅度:60dB(1000倍)
●定格入力レベル:100mV/100V r.m.s.出力
●最大出力電圧:300V r.m.s./1kHz
●入力インピーダンス:50kΩ (RCA)、100kΩ (XLR)
●入力端子:XLR×1, RCA×2 (パラレルアウト端子)
●バイアス電圧:DC580V
●電源電圧:AC100V, 50/60Hz(電圧変更できません)
●消費電力:49W
●使用真空管:6FQ7/6CG7 各1本
●外形寸法:195(W)×103(H)×380(D)mm (突起部含む)
●重量:3.4kg
●生産国:日本