希望小売価格¥81,000(税別)

半導体式ドライバー・ユニットのエントリーモデルがSRM-353Xです。入力段にオリジナルのローノイズ・デュアルFETを採用、回路はカップリングコンデンサーを使用しない全段直結型のAクラスDCアンプ構成とし、上位モデルに共通する設計思想を継承しています。スタックスのドライバー・ユニットの特徴でもある2軸4連のカスタムボリュームユニットや、非磁性アルミ合金による筐体なども同様です。また、エントリー機ながらXLRの入力(切替式)にも対応しているため、音質にこだわる高級プレーヤーや一部のプロ用機器との接続にも対応します。半導体(ソリッドステート)方式の特徴であるアキュレートな再現性、スピード感やキレを持った音質は、昨今のハイレゾリューション音源とも好相性。現代的な録音や繊細な楽器のニュアンスを楽しみたいと考えるイヤースピーカー入門者にオススメの一台です。

Specification

●周波数特性:DC~90kHz/SR-L series×1台使用時)
●高調波歪率:0.01%以下/1kHz 100V r.m.s.(SR-L series×1台使用時)
●増幅度:60dB
●定格入力レベル:100mV/100V r.m.s.出力
●電源電圧:AC100V, 50/60Hz(電圧変更できません)
●最大出力電圧:400V r.m.s./1kHz
●入力インピーダンス:50kΩ
●入力数:1(RCA or XLR 排他使用)
●バイアス電圧:DC580V
●消費電力:30W
●外形寸法:150(W)×100(H)×360(D)mm (突起部含む)
●重量:3.0kg
●生産国:日本