希望小売価格¥121,000(税込)

上位機種の思想を継承した全段FET採用DCアンプ設計
ミドルクラス半導体ドライバー・ユニットが刷新

新しい半導体式ドライバー・ユニットSRM-400Sは、SRM-353Xの後継となるモデルです。初段にカスタムのローノイズDUAL FET、さらに終段(増幅段)にもFETを搭載。使用されるDUAL FETはSRM-700S同様、全て左右の特性を計測し選別したものをマッチング。上位機種SRM-700Sにて採用された電圧増幅段オールFETアンプの設計と製造ノウハウを継承しています。

SRM-400Sでは、先行して登場した真空管式ドライバー・ユニットSRM-500T同様、従来の高電圧回路に加え、新たに低圧回路用の巻線を設けた新設計の電源トランスを採用しました。この低圧巻線を採用することによって電源の効率が良くなり、従来のドライバー・ユニットに比べて省電力化と音質の向上を実現しました。

また、SRM-353Xに比して横幅を拡大しさらなる剛性をアップした新シャーシを採用。非磁性アルミを多用したハイブリッド構造とし、振動などの物理的な外来ノイズの影響をさらに抑制しました。入力系統はRCAとXLRの排他使用入力となります。STAX製品に共通するカスタムメイド二重軸4連ボリュームやRCA入力のパラレルアウト機能も従来機種同様に搭載。また採用される各種電子部品についても、音質、性能、環境への考慮も抜かりがありません。信号回路にカップリングコンデンサを一切使用しない完全DCアンプ構成も引き続き大きな特徴の一つです。

半導体回路の持つ高解像度サウンドや躍動感に溢れた低域再生を引き継ぎながら、SRM-353Xに比べてバランス感の良さを追求。低域から高域まで個々の帯域を落ち着きのある表現にまとめています。アドバンスド・ラムダ・シリーズとの組み合わせはもちろん、エントリーシステムSRS-3100からのステップアップにも好適。刷新されたドライバー・ユニットラインアップの中で、エントリーからミドル層をカバーする期待のニュー・モデルです。

Rear Panel

Specification

●形式:増幅段オールFET採用DCアンプ構成・ドライバーユニット
●周波数帯域:DC~90KHz (SR-L500 MK2 1台使用時)
●増幅度:60dB
●高調波歪み率:0.01%以下(1kHz/100Vr.m.s.出力時)
●入力インピーダンス:50kΩ(RCA),50kΩ×2(XLR)
●最大出力電圧:400Vr.m.s.(1KHz)
●バイアス電圧:DC580V
●動作周囲温度 / 湿度:0~35℃/90%以下(但し結露しないこと)
●入力:RCA or XLR (排他使用)
●出力:RCAパラレルアウト端子
●消費電力:30W
●外形寸法:195(W)X102(H)X376(D)mm (ツマミなど突起物含む)
●重量:3.4kg